専門知識無しの副業WEBライターが月1万円を達成するまでにやったこと

困っている人

WEBライターで月1万円稼ぐにはどんなことをしたらよいの?
始めてみたけど全然稼げない…
自分のやり方であっているのか不安。

こんな悩みに答えます。

この記事を書いた人

☑副業ブロガー兼WEBライター1年生

☑WEBライター検定3級ホルダー

☑WEBライター6ヶ月目で月1万円達成

なりしんです

WEBライターの稼ぎについて検索すると、

・月100万超えも可能とか
・月5万は誰でも可能とか
・月3万は稼ぐのは簡単とか

そんな動画や記事をよく見かけます。

しかし!

専門知識の無い副業WEBライターにとっては月1万円のハードルが結構高い…

そこで今回は、実際に私が月1万円のハードルを超えるまでにやったこと全て書きます。

具体的な月1万円までの道のりをイメージしやすいと思いますので、私の経験が副業WEBライターさんの一助になれば幸いです。

この記事でわかること

・専門知識なしの副業WEBライターが月1万円のハードルを超えるまでにやったこと
・月1万円に到達するまでのハードルの解決方法
・月1万円を達成するための工夫

なりしん

それではいってみましょう!



目次

私が月1万円稼ぐまでにやったことを時系列で紹介

私が月1万円稼ぐまでにかかった時間は6ヶ月です。

おそらく時間は結構かかっている方だと思います。達成までにやってきたことは以下のとおり。

年月やったこと稼いだ金額
(手取り)
2021年1月WEBライター開始、クラウドワークス、ランサーズに登録
タスク案件3件、プロジェクトテストライティング1件
1014円
2021年2月前月のテストライティングに合格し、ライティング開始(文字単価0.5円)
契約数1社、作成記事6記事
3,282円
2021年3月文字単価0.5円の案件では時間ばかり消耗することに気づく
案件探しするも自分に書けそうなものが無く挫折
契約数2社、作成記事1記事

1,100円
2021年4月文字単価0.8円以上に絞って探すことに方針決定
親切に教えていただけるクライアントさんと出会う
契約数1社、記事作成1記事

1,716円
2021年5月契約継続、新規契約1社追加
SEO対策を学び、上位表示できる記事が作成できた
契約数2社、記事作成4記事

7,526円
2021年6月2社と契約継続
記事を書けるだけ書く
契約数2社、記事作成7記事

14,985円

文字単価0.8円で達成月に書いた記事の本数は7本でした。

なりしん

超余談ですが、自力で稼いだお金で買った椅子は最高の座り心地です。

専門知識無しの副業ウェブライターに待ち受けるハードル

専門知識無しの副業WEBライターが月1万円を達成するまでには2つ課題があります。

・専門知識が無いため、応募できそうな案件が無い問題
・家事や育児、本業に追われて、副業のため時間を作れない問題

まずはこの2つを乗り越えて月1万円の1歩を踏み出しましょう。

専門知識が無いため、応募できそうな案件が無い問題

WEBライターの案件を検索すると、専門知識が必要そうな案件が多数見受けれられます。

専門知識の無いWEBライターは、「受注しても書けるか分からない…」と尻込みしがちです。

しかしこの思い込みが間違いで、そもそも専門知識のある人なんてほどんどいません。

専門知識のある人でも構成や文章の内容は、他のWEBサイトを参考にしながら書いていることが多いでしょう。

そのため、専門知識の無いWEBライター初心者でも丁寧に調べ上げて書けば、ある程度の文章が出来上がるのです。

応募できそうな案件が無くても、よっぽど苦手分野でなければ積極的に応募してみましょう。

知識は書いているうちに付いてきます。

なりしん

自分の契約しているクライアントさんから未知のジャンルの依頼があったけど、やってみたら意外と書けましたよ!

それでも自信がない人はWEBライター検定を受験して、基礎知識だけでもつけると良いでしょう。

家事や育児、本業に追われて副業のため時間を作れない問題

案件の中には「週に1本以上の納品をしてくれる方」等の条件付きのものがあります。

この条件は目安として設定していることが多いので、深刻に考えなくて良いと思います。

とは言っても、本業や生活に追われて時間が作れないため、納期を守れるか不安という方も多いでしょう。

短期の納期が設定されているもの以外を除いて応募しつつ、時間を作り出す工夫をしましょう。

私は日中、家事育児や本業で時間が確保できなかったため、子供と一緒に9:00に就寝して朝5:00から2時間のみ副業をしています。

その朝活時間と、休みの日の数時間でも1万円が達成できました。

自分のライフスタイルに応じて時間を作り出してみましょう。

月1万円までに工夫したこと

月1万円までに工夫したことは2点です。

・仕事単価は自分の可能な本数から逆算して選ぶ
・継続的に仕事をいただけるクライアントさんと契約する

仕事単価は自分の可能な本数から逆算して選ぶ

私にとっては、1ヶ月に作成できる記事数から逆算して単価を決めるやり方がぴったりでした。

私の場合は2000文字の記事を、週2本/月8本が現状無理なくできる範囲です。

その本数で月1万を達成するためには、最低ラインが0.8円の案件でした。

あとは書けるだけ書きます。すると自然と稼げるようになるはずです。

継続的に仕事をいただけるクライアントさんと契約する

クライアントさんが仕事を定期的に割り振ってくれることは必須です。

時間を気にして契約するクライアントさんを絞っているので、仕事をもらえないと稼ぐことができません。

また、しっかりとフィードバックを貰えるクライアントさんを探すと良いでしょう。

添削の結果を教えてくれたり、指摘してくれたりして長期目線でWEBライターを育成してくれるクライアントさんはとても貴重です。

稼げるかは良いクライアントさんに巡り会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではありませんので、初心者ライターでも案件はしっかり選ぶようにしましょう。

なりしん

意外と高単価の案件ほど丁寧にフィードバックをくれたり、長期的に仕事をくれたりするので、初心者にとってはありがたいかも…!

月1万円を達成するならやってはいけないこと

月1万円を目指すならやっては行けないことは以下の通りです。

・タスク案件ばかりに手を出す
・合わないクライアントさんと長く仕事をする

タスク案件ばかりに手を出す

実績がほしいからと言ってタスク案件をやり続けてはいけません。

タスク案件というのは、単発の仕事のことです。

簡単に契約を取ることができて件数稼ぎにはなりますが、自分のスキル向上や次の仕事につながることはほとんどありません。

実績の件数ばかりあっても本当に稼げるWEBライターにはなれませんから、最初にクラウドソージングサイトの流れを掴むためにやってみること以外でタスク案件に手を出すのはやめたほうが良いでしょう。

合わないクライアントさんと長く仕事をする

クライアントさんが提示してくる構成や金額の条件、コミュニケーションの取りづらさなどを感じたときには、長期契約前提であってもこちらから辞退したほうが良いでしょう。

なぜなら、モチベーションが下がってしまうからです。

実際に契約した中に、構成がなんとなく書きづらいものや、なんのフィードバックもしてくれず、やりがいが感じられない仕事もありました。

1度や2度なら我慢してできますが、長期契約だと心が折れてWEBライターの仕事自体が嫌になってしまいます。

その場合は我慢せずに違うクライアントさんを見つけましょう。

WEBライターで月1万円を稼いでみよう

専門知識のないWEBライターでも月1万円を稼ぐことは可能です。

私は6ヶ月かかりましたが、なんとか達成することができました。

意識したことは次の4つ。

・専門知識がなくても応募する
・朝活で作業時間を確保する
・仕事単価は自分の可能な本数から逆算して選ぶ
・継続的に仕事をいただけるクライアントさんと契約する

この6ヶ月間、自分よりあとから始めた人の「稼げている」というtwitterの投稿などに色々悩みましたが、マイペースに進んで来ることができました。

自分のペースで1歩ずつ進んでいれば、早い遅いは関係無いと思います。

今後2万、3万と稼げるようなWEBライターになってまた報告できるように頑張ります。

なりしん

それではまた!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

釣り大好きな30代男です。妻と息子2人の4人暮らし。
釣り歴は20年ほど。料理好きで魚さばけます!ブログ2020年4月~。
本業は道路でひかれた動物を弔ったり、ポイ捨てゴミを片付けるお仕事。
積み立てNISA、米国株長期投資実践中。楽天経済圏でお得に生活。
他人の「普通」に惑わされて自分の人生を無駄にはしません。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる