MENU

合わせ焼き網&七輪がおすすめ!秋の味覚サンマを堪能

秋も深まり、サンマの美味しい季節になりましたね。

七輪でサンマを焼いてビールで乾杯!

誰もが1度は憧れるシチュエーションだと思います。

しかし、実際に七輪でサンマを焼いてみると「網にくっついてボロボロ…」なんてことや、「火加減調整がうまくいかなくて焦げてしまった…」なんてことが起こり、想像通りの仕上がりにならないことも。

今回の記事では、そんな悩みを一度に解決できるアイテム「炭焼き一番 合わせ焼き網(ワイド)」を紹介します。

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥571 (2021/12/01 20:53:56時点 Amazon調べ-詳細)
目次

商品の特徴

キャプテンスタッグの「合わせ焼き網ワイド」の特徴は次の3点です。

・大きめのサンマもしっかり挟めて、返すときもズレない
・網ごと返せるため、皮が剥がれずに焼き上がる
・通常の網と違い入り組んでないため、お手入れが簡単

まずは商品の詳細を見ていきましょう。

商品の詳細

引用:キャプテンスタッグHPより

全長は350mm、幅は300cmとサンマを3匹焼くにはちょうどよいサイズ。4匹でもいけそうでした。

幅も30mmと広すぎず、多少は中でサンマが動きますが、ずり落ちることはなかったですよ!

開かないようにストッパーも付いています。

網に挟んた状態で塩をふれば準備OK

丸形の網との違いは?

丸型の網でサンマを焼いたこともありますが、何より大変なのが、「火加減の調整」です。

サンマから滴る油で火力は最強になり、あっという間に焦げてしまうことも。

「両面焼き網」なら、自分で火との距離や焼き位置を調整できますので、まんべんなく火を通せる点が魅力です。

持ち手の部分は熱くなりませんので、素手で持っても返しても大丈夫でした。

なりしん

網が入り組んていないため、お手入れも簡単!

実際にサンマを焼いてみた感想

なりしん

仕上がりはこんな感じでした。

初めて両面焼き網を使ったのですが、結構キレイに焼けたと思います。

網に若干皮がくっついたので、フォークで押さえつつ開けたら、皮の破れを最小限にできました。

やはり、炭火で焼いたサンマは格別!

我が家では「手入れが大変」という理由から「魚焼きグリル使用禁止令」が出ていますので、焼き魚はフライパンで作ります。

七輪で焼いたサンマは、ちょうどよく焦げ目ついて、焼き加減も抜群。

最高に美味しいサンマを堪能することができました。

なりしん

買ってよかった…!

他に使える料理は?

引用:キャプテンスタッグHPより

この「両面焼き網」厚みのある食材なら何でも使えます。

特に得意なのは、海鮮系のような「返しづらい食材」や、ステーキのような「焼き加減の難しい食材」ですね。

自分で調整する必要がありますが、その分好みの焼き加減に仕上げられます。

まとめ:「両面焼き網」は焼き加減の調整がらくちん

今回、キャプテンスタッグの「両面焼き網」を使ってみて、一番感じたのは、「焼き加減の調整がラク!」ということでした。

これから使い倒して、様々な料理にチャレンジしてみたいと思います。

なりしん

それではまた!

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥571 (2021/12/01 20:53:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥2,073 (2021/12/01 20:53:56時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

釣り歴20年の30代男です。
WEBライターを通じて得た経験や学びを発信します。
他にも趣味の釣りやメルカリ梱包術、私生活や子育てについて発信しますので遊びにきてください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる